外貨投資で有利と言われる新興国通貨の特徴


電子マネーを理解して有効に活用しよう


電子マネーを理解して有効に活用しよう

電子マネーの基礎知識

近年では実際の通貨によるやり取りから、インターネット決済や電子マネーなどによるキャッシュレス決済が普及し、そのなかでも手軽に取得して利用できる電子マネーの普及率が拡大しています。日常の支払いなどには大変便利な電子マネーですが、ここではその基礎的な知識についてご紹介します。

まず最初に電子マネーとは実際の通貨ではなく仮想的な通貨であり、コンピューター上の通貨のやり取りにより決済を行うものです。現在主流となって普及が拡大しているものは、あらかじめお金をチャージして電子マネーを利用するプリペイド式の利用率が高まっています。

電子マネーが普及した理由の一つとしては、口座振り込みやクレジットカード決済に比べて、手軽であることと安全性などから、現代社会のニーズに合った決済方法として人気があるようです。

電子マネーは通貨という位置付けではないので、金融機関のような預金保護がされないことや、提供会社が倒産したり発行を取りやめたりした場合には、チャージ済のお金は補償されない場合もあることを認識しておきましょう。

現在使用されている電子マネーはICカード式が主流となっています。ICカードは高度な暗号技術や情報を扱うことが出来ることや、Felicaという非接触型ICチップを使用することで、設置する端末にかざすだけで決済が完了できるものとなっています。http://www.sony.co.jp/Products/felica/

Felicaを使用することで小型化と電池の不要が実現し、カードや携帯電話、キーホルダーなど様々なものに使用できるようになりました。

現在普及している電子マネー種類は、各社から様々なものが提供されていますが、そのシステムとしてはお金を先にチャージして使用する前払い方式のプリペイド式と、クレジットカード決済として後払い式となるポストペイ式に分類されます。

また、電子マネーの利点としては、仮想通貨決済なのでお釣りや小銭が発生しませんので、交通利用や小額の決済などには有効な手段となっています。また、盗難や紛失時などにチャージしたお金は補償されないデメリットはありますが、利用時にはチャージしている金額以上使用できないなど、財務管理上のメリットもあります。