外貨投資で有利と言われる新興国通貨の特徴


電子マネーを理解して有効に活用しよう


電子マネーを理解して有効に活用しよう

電子マネーの注意点

電子マネーとは小型集積回路(ICチップ)を内蔵した媒体(カードやケイタイなど)を利用し、一定の金額をあらかじめチャージする(プリペイド式)ことで、実際の現金の代わりに電子マネーとして、金銭情報をやり取りすることで支払いを完了させるものです。

電子マネーを使用することで、小銭を用意したりお釣りをもらうこともないため、鉄道やバスの利用や店頭での支払いにおいて、スムーズに手軽に利用できることから急速に普及しています。このように現代社会では利便性の高いアイテムとなっています。

これらの電子マネーは現金の代わりとして各社から多数提供されていますが、便利ゆえに注意しなければならないこともあることを知っておきましょう。

電子マネーには前払い方式のプリペイド式と、後払い方式のポストペイ式の2種類があります。前払い方式のプリペイド式では電子マネーの取得にも審査などは不要で手軽に購入できますが、盗難や紛失にあった場合にはチャージしたお金は戻ってきません。

電子マネーのカードなどに個人情報などが記載されている場合には、早急な使用中止などの手続きを取ることをお勧めします。後払い方式のポストペイ式では、提供元のクレジット会社などが入金分のお金を補償してくれる場合もありますので、契約時に確認しておくと良いでしょう。

電子マネーの提供元の会社が倒産したり、発行を取りやめるような事態に陥った場合には、半額程度は補償されて返却されることになっていますが、この場合もある程度のリスクがあることを承知しておくことが必要です。

最後に、電子マネーを利用する私たち自身の注意点として、電子マネー決済はキャッシュレス決済という手軽さから、”使いすぎ ”には注意しなければなりません。手軽に取得できて便利に使える電子マネーですが、私たち利用者は財務管理を意識して利用することが大切です。