外貨投資で有利と言われる新興国通貨の特徴


電子マネーを理解して有効に活用しよう


電子マネーを理解して有効に活用しよう

クレジットカードと電子マネーの違い

クレジットカードと電子マネーはどちらもキャッシュレスで決済が出来ることから、一見同類のキャッシュカードのように思えますが、そのシステムや決済の根本的な流れは異なるものです。ここではクレジットカードと電子マネーの違いについて考えてみましょう。

電子マネーは基本的には先払い方式で、事前に専用機でお金をチャージすることで電子マネーとして使用することが出来ます。これらはプリペイド式電子マネーと呼ばれ、現在では標準的で利用者も多い電子マネーとして知られています。

電子マネーにもポストペイ式の後払い方式のものもありますが、購入時には審査やクレジットカード有無が問われるなどの一定の条件があります。どちらにしても決済時にサインは不要で、手軽に利用できることが電子マネーの特徴となっています。

クレジットカーは電子マネーとは違い、決済の支払いは全て後払いとなります。決済時にはサインを必要として、身元確認の上後から請求が届くシステムとなっています。

また、電子マネーは民間企業から提供されるものが多く、その種類も大変多くなっています。JR東日本の「Suica」や大手ショッピング系列の「nanaco」「WAON」など、様々な業種の企業から提供されていますが、クレジットカードは金融機関による提供となっており、同じキャッシュレスカードであってもその本質は異なるものとなっています。

このことから、クレジットカードは金融商品として扱われ、金融機関が提供するキャッシュレスカードとなっていますが、電子マネーは日本では商品券的な扱いが強く、金融機関以外の企業でも提供することが出来るキャッシュレスカードとなっています。

現在急速に普及している電子マネーではプリペイド式とポストペイ式がありますが、使用前に事前にお金をチャージして利用するプリペイド式電子マネーは、入金額の上限までしか利用できないため(チャージによる繰り返し使用は可能)、支払いの管理もしやすいことから利便性の高い電子マネーとなっています。