外貨投資で有利と言われる新興国通貨の特徴


電子マネーを理解して有効に活用しよう


電子マネーを理解して有効に活用しよう

電子マネーの種類

近年では多くの物の電子化が進み、料金の支払いや決算などの金融処理についても、実際の現金をやり取りしない電子マネーが普及してきました。電子マネーは現金を直接使用しないことから、スピーディーで簡単に決済できることから、急速な勢いで普及しています。

私たちが目にする電子マネーには様々なものがあり、運営する業者としては大変多くなっています。しかしながら電子マネーの特徴で分類すると、大きく分けて前払い方式のプリペイド式と後払い式のポストペイ式に分かれます。

プリペイド式の電子マネーで代表的なものには、「Edy」「Suica」「PASMO」「nanaco」「WAON」などがあります。これらのプリペイド式電子マネーは、駅やコンビニなどに設置される専用機で、あらかじめお金を入金することでその入金額まで使用することが出来るものです。

入金できる上限額は各社の電子マネーにより異なりますが、上限額以内であれば繰り返しチャージして使用することが出来ます。購入時にはとくに審査もなく誰でも持つことが出来るので、その手軽さも人気となり急速に普及している電子マネーです。

一方のポストペイ式の電子マネーは、料金後払いとなることからクレジットカードに似た使い方となります。代表的なものには「iD」「QUICpay」「VISAtoch」などがあります。購入には一定の審査やあらかじめクレジットカードを所有しているなどの条件があります。

ポストペイ式電子マネーは利用の際に残高不足で利用出来ないということはありませんが、後日まとめて請求が来るので使いすぎには注意が必要になります。クレジットカードのように決済の時にサインなど不要なので、使用状況などの管理が大切です。

この他にはインターネットのサーバー内でやりとする、サーバー型電子マネーもあります。プリペイド式やポストペイ式のようにICチップ内蔵のカードを使用するものではなく、業者が管理するサーバーにより管理・保護される電子マネーで、主なものには「WEBマネー」や「ビットキャッシュ」などがあります。http://bitcash.jp/