外貨投資で有利と言われる新興国通貨の特徴


電子マネーを理解して有効に活用しよう


電子マネーを理解して有効に活用しよう

電子マネーのメリットとデメリット

近年ではすっかり定着した電子マネーですが、その普及率は急速に拡大しています。私たちの身近なところでは「Suica」や「PASMO」、ショッピング関連ではイオングループの「WAON」やセブンイレブンの「nanaco」などが知られています。https://www.nanaco-net.jp/

電子マネーは仮想通貨として利用し、設置される端末にかざすだけで使用できるので、スピーディに手間いらずで利用できることから、利用者も増えてきています。これらの電子マネーにも便利なアイテムではありますが、メリットとデメリットがあることを知っておきましょう。

電子マネーのメリットしては、何とってもその使い勝手の良さです。電子マネーの決済はカードやケイタイなどを設置されている端末にかざすだけで完了するので、とにかくスッキリとスピーディに決済が出来ます。また、クレジットカードなどと違い、決済時にサインは不要なので手軽に利用することが出来ます。

電子マネー決済ではお釣りも発生しないので、小銭が増えることもなくお財布もスッキリします。現代のシンプルなライフワークに合わせて、スマートに決済を行うことが出来るのも魅力的です。サインもお釣りもないので、クレジットカード決済では気が引けるような少額のお買い物でも、気兼ねなく決済することができます。

電子マネーが登場した頃は電車やバス料金、駅構内やコンビニエンスストアなど限られた場所での使用に限定されていました、最近では街中の自動販売機や飲食店、家電量販店など、利用できる場所が急速に拡大していることも大きなメリットです。

電子マネーのデメリットとしては、現在の技術ではセキュリティが少し甘いことがあげられます。紛失や落とした時には再発行が困難なことや、プリペイド式の場合入金した金額は補償されません。

電子マネーは現金を使用しないので浪費には注意が必要です。(クレジットカードも同じですが)とくにポストペイ式の場合には後からの請求となるので、自己管理が出来ていないと後日に大きな出費となる可能性があります。

この他にも、プリペイド式では一度入金したお金は払い戻しが出来ない、電子マネーの種類が多く、その種類ごとに読み取り端末が異なることから、ご自分の使用する電子マネーの端末が設置されていないところでは利用出来ないなどのデメリットがあります。