外貨投資で有利と言われる新興国通貨の特徴


電子マネーを理解して有効に活用しよう


電子マネーを理解して有効に活用しよう

電子マネーとは

電子マネーという言葉は現代社会では、一般的な言葉として使われるようになりました。最近ではインターネットの普及とともに、利用者も格段に増えている商品です。電子マネーを活用した代表的なものには、「Suica」や「PASMO」など私たちの生活における身近なところで利用されています。

電子マネーとは現金を使わずに、電子データのやり取りにより決済を完了するシステムで、お買い物後にレジにある端末や改札の端末にタッチするだけで清算が完了するもので、カードや携帯・スマートフォンなどにより利用します。

決済の際にはクレジットカードのようにサインをする必要が無く、端末に触れた時点で決算完了となるもので、日常的なお買い物の支払いや電車やバスなどの移動・乗り継ぎの清算には大変利便性の高いアイテムとして利用者が急増しています。

近年では様々な電子マネー商品が発売され、主なものとしてはEdy(エディ)、Suica(スイカ)、PASMO(パスモ)、PiTaPa(ピタパ)、iD(アイディ)、QUICPay(クイックペイ)、Smartplus(スマートプラス)、Visa Touch(ビサタッチ)、nanaco(ナナコ)、WAON(ワオン)などがあります。

電子マネーの利用方法はお店や改札などに設置される端末に、カードを触れさせることで支払いが完了するというもので、特に難しい操作を覚える必要はありません。

電子マネーは清算方法の違いにより、ポストペイ式とプリペイド式に分類されています。ポストペイ式は電子マネーによる利用料金を後で清算するもので、電子マネーの残高不足により利用出来ないことはありませんが、チャージの手間はかかりませんが後日にまとめて清算されるので、使いすぎてしまう場合もあるので注意が必要です。

プリペイド式ではあらかじめチャージしておいた金額の範囲内で利用することが可能で、利用により決済する度に残高から差し引かれるもので、電子マネーの残高が無くなったら専用の端末でチャージする必要があります。

このように電子マネーは現代社会では、実際に現金を使用することなく、電子決済により便利に使用できる媒体として多くの方に利用されています。電子マネーはカードの他に、携帯電話やスマートフォンなどでも利用可能で、「お財布ケイタイ」として親しまれています。https://www.nttdocomo.co.jp/service/convenience/osaifu/