外貨投資で有利と言われる新興国通貨の特徴


電子マネーを理解して有効に活用しよう


外貨投資で有利と言われる新興国通貨の特徴

新興国通貨投資で注意すること

新興国は経済成長率が高く今後の発展性にも期待が持てることから、世界中の投資家から注目されています。新興国通貨への投資は先進国通貨と比べて金利が高く、投資による利益も高くなることから人気の投資市場となっています。

しかし新興国は先進国と比べて通貨市場も小さく、国や政府の金利政策や他国からの大口投資による影響を受けやすく、ハイリスク・ハイリターンの市場であるとも言われています。進行興通貨による資産運用(投資)には十分な注意が必要となることを知っておきましょう。

先進国通貨への投資ではいくつかの注意することがありますが、代表的なものにその国の政策金利に注目することをお勧めします。政策金利が下向き方向(金利引き下げ方向)なのか上向き方向(金利引き上げ方向)なのかに注目すると良いでしょう。

一般的には金利引き下げ方向であれば良好、逆に金利引き上げ方向であれば注意が必要となります。新興国が金利政策として自国の政策金利を上げる理由としては、「自国の通貨防衛」「インフレ抑制」などがあります。

「自国の通貨防衛」による政策金利の引き上げは先進国には見られない現象で、新興国が自国の通貨下落を防ぐために行われる政策です。近年では新興国も経済の基礎要件がしっかりしてきているのでこのような政策をとる国は少ないですが、まれにこのような政策が取られる国もあるので注意が必要です。

これは自国の通貨価値を守るために、政策的に金利を引き上げるもので、一見金利が高くなり投資には有利に見えますが、現実的にはその国の通貨価値は下落方向に向かっているので、トータル的にはリターンが少なく結果として損をする場合があります。

「インフレ抑制」による政策は、新興国は先進国に比べて所得水準が低いため、景気がインフレ傾向になると国民の生活が圧迫されデモやストライキに発展する傾向が強く、政府の金利政策により金利の引き上げが行われることがあります。

この場合には高金利に魅力を感じた投資家が殺到し、自国通貨が強くなりすぎて輸出業が圧迫され、国内生産により輸出に頼る新興国では輸出競争力が減衰することで、国内生産性が低下し経済成長率が低下することで通貨市場は下落することになります。