外貨投資で有利と言われる新興国通貨の特徴


電子マネーを理解して有効に活用しよう


外貨投資で有利と言われる新興国通貨の特徴

新興国通貨投資のデメリット

資産運用における外貨投資は、「為替差益により局面においては大きな収益を得ることが出来る」、「日本では実現できない高利回りである」などのメリットがあり、投資家の方には人気のある資産投資として知られています。

一般的に外貨といって思い当たるのはUSドル、ユーロなど先進国で流通する通貨ですが、日本円を含むこれら先進国通貨は、国の経済成長率が非常に低いため金利も低く設定されています。このため外貨投資を行う投資家は高い経済成長率を維持し、今後の成長性が期待され金利も高い新興国通貨による資産投資が行われます。

しかしながら、成長性や金利でメリットのある新興国通貨ですが、いくつかのデメリット(リスク)も抱えていることを知っておく必要があります。

新興国では自国の貿易を保護するために、政府や国が介入し通貨取引の制限が行われることがあります。これは市場での流通性が低いことを示し、利益や損失のタイミングで自由に日本円に変えられないことがあるということです。新興国では自国の通貨高を押さえるために、頻繁に政府や国が介入し制限をかけることがあるので注意が必要です。

また、魅力ある新興国通貨市場は先進国の通貨市場と比較すると極めて小さい市場ですが、様々な国々から資金が流出入しているため、投資家がリスク回避姿勢を強めると急速に資金が減少する可能性も秘めています。これは新興国通貨市場は外国からの資金の動きに左右されやすい市場であり、急速に市場の状況が変化するリスクを持っていることを表します。

このように新興国通貨への投資は、日本国内や先進国通貨への投資に比べて、利益率が高いメリットはありますが、国や政府の市場介入により通貨規制がかけられたり、外国通貨の流出入による市場への影響が大きく、一気に市場の状況が下落する可能性があるデメリットがあります。