外貨投資で有利と言われる新興国通貨の特徴


電子マネーを理解して有効に活用しよう


外貨投資で有利と言われる新興国通貨の特徴

新興国通貨投資のメリット

新興国は経済成長の途中にあり、今後も高成長が期待される国々として、世界の投資家から魅力ある投資市場として注目されています。投資家の世界では「今後の経済成長へ期待=魅力ある投資市場」ということになるようです。

そもそも新興国とはIMF(国債通貨基金)によると、米国、日本、EU諸国、東欧を除く欧州、香港、韓国、シンガポール、台湾、カナダ、ニュージーランドを先進国とし、それ以外の国々を新興国としています。http://www.imf.org/external/index.htm

新興国にはそれぞれの国の頭文字をとるなどにより、中国・インド・ロシア・ブラジルによる「BRICs」、ベトナム・インドネシア・南アフリカ・トルコ・アルゼンチンによる「VISTA」、その他の国々分類されています。

新興国への通貨投資のメリットしては、今現在で経済成長が続いていることと今後の成長性への期待があげられますが、どの国々も「人口が多い」「外資の導入が活発」「政治的にも安定している」などの理由により将来の成長性が期待できることです。

もう少し噛み砕いてお話しすると、新興国は人口が多いことから労働生産性も向上する傾向にあります。労働生産性が高くなることでその国の内需は拡大され、市場が活発化することで経済成長が期待されることになります。

また、現在では先進国などの海外企業が、製造拠点を求めて新興国に進出しているので、今後国内企業ののインフラや収益性が高くなることが見込まれています。

このように国内の成長が続き経済が安定することで、相対的に安全は高まり債券価格の上昇や通貨上昇が期待され、投資市場としてのメリットが高まります。

新興国通貨への投資は先進国通貨と比べて金利が高く、今後の成長性に期待することで安く投資して高利を得るというメリットがある投資市場として注目されています。