外貨投資で有利と言われる新興国通貨の特徴


電子マネーを理解して有効に活用しよう


外貨投資で有利と言われる新興国通貨の特徴

新興国通貨の特徴

新興国通貨はその国の経済成長性や潜在的な発展性が期待されることから、世界中の投資家からも注目されています。新興国通貨は先進国通貨に比べて、金利水準が高いなどのメリットがあることも人気の理由となっています。

新興国通貨市場はこれらのメリットがあると同時に、先進国からの資金流入や社会情勢・政治情勢により、市場の状況が大きく変動するなどのリスクも抱えています。新興国通貨市場はもともとは極めて小さい市場のため、世界の金融情勢や自国の経済情勢に大きく左右されやすいことを知っておきましょう。

新興国通貨の特徴としては、先進国通貨と比べて金利が高いことや、市場規模が小さいため流動性が低い、政治や社会面の情勢に受ける影響が大きいなど、メリットとデメリット(リスク)が共存する通貨市場となっています。

例えば、代表的な外貨資産投資のFXでは、米ドルやユーロ、英ポンドなどの先進国通貨を「メジャー通貨」と呼び、南アフリカ−ランドやトルコ−リラなどの新興国通貨を「マイナー通貨」と呼んでいます。

FXでメジャー通貨よりも金利が高く設定されるマイナー通貨は、スワップポイントなどを狙う投資家にとっては魅力的な商品となっています。ただし、マイナー通貨の市場は小規模なものが多く、大口のファンドの投資家などにも狙われやすく、市場情勢は短期的に乱高下する可能性があります。

また、新興国通貨市場の特徴としては、新興国ではインフレリスクが高いことから、通貨高を嫌う傾向が強く、政府・当局介入により自国の通貨を売ることでドルやユーロを増やす場合があります。

このような社会的・政治的介入の影響により、これまでのスワップポイントの状況が一変するリスクもあるので、高いリターンを狙う取引であっても、一瞬に金融下落に陥るリスクを抱えていることも新興国通貨の大きな特徴と言えます。