外貨投資で有利と言われる新興国通貨の特徴


電子マネーを理解して有効に活用しよう


外貨投資で有利と言われる新興国通貨の特徴

新興国の通貨とは

新興国は近年の目覚ましい経済発展と内需拡大が期待され、国内の生産性・経済成長などが大きく期待されている国々です。新興国で流通する通貨は、その将来性に期待することで世界中の投資家から注目されている通貨となっています。

新興国市場はエマージング市場とも呼ばれ、高い経済成長や今後に向けて潜在的な発展性が期待される国々の市場で、一般的にはアジア諸国・中南米諸国・ロシアなどの市場を示し、これらの地域に属する国々で流通する通貨を新興国通貨と言います。

(新興国通貨への投資は、外国為替取引に関する投資の一つです。日本円で新興国通貨を購入し、通貨の値段が上がったところで売りに出すことによって、購入額との差額が儲けになります。http://www.woman110.com/200807/cat073.html

新興国市場の1990年代から活発化し、欧米からの投資やヘッジファンドのなどの資金流入により注目を集めるようになりましたが、1990年代後半には資金の逆流により大きな金融危機を迎える結果となりました。その後も2008年から2009年の世界的な金融危機により、大きな打撃を受けましたが何とか乗り切ることができて現在に至っています。

近年の新興国ではグローバル社会の影響もあり、海外への輸出が増えるとともに、国内のインフラ整備や労働生産性の向上により、大きな経済発展を続けていることから、その地域で流通する新興国通貨も注目を集めるようになりました。

新興国通貨はその国の成長性と収益性が期待されるなどの優位性がある半面、その通貨市場は先進国に比べると非常に小さく、諸外国からの資金の流出入により大きく変動するなどのリスクがあります。また新興国市場ではその国の社会情勢や政治情勢なども大きく影響することから、投資としては大きなメリットもある半面リスクも高いといことを知っておきましょう。

このように新興国通貨はメリットとリスクが共存する通貨ですが、現代では世界中の投資家から注目される通貨であることには違いありません。新興国通貨の主な特徴としては、「金利が非常に高い」「市場の流動性が低い」「管理変動相場制や固定相場制が多い」「当局の規制や通貨制度の変更があり得る」「先物市場が十分に発展していない」「政治や社会情勢によるリスクが大きい」などがあります。